散骨をお考えの前に知っておく事

お墓に埋葬せずに、遺骨を自然界に撒く「散骨」を行うケースが近年では増えています。


核家族化や少子化、都心部での墓地不足など、近代の事情があることや、昔の慣習にとらわれたくないという方の増加で受け入れられる様になってきた事が背景にあると言えます。



ある程度のモラルが守られていれば、遺骨を粉末化して供養のために撒くという行為は法的にも違法ではありません。

また節度を持っている範囲内ならば個人での自然葬も可能です。
ちなみに法的には墓地以外の土中に遺骨を埋める行為は違法となります。

ですが日本では納骨のしきたりが強い為に散骨には反対の意見もあり、遺骨を撒くどころか近所に墓地が造成されるだけでも反対される事が多いのが現状です。
周辺地域の理解のないところで行う事はトラブルの元になるので注意が必要と言えるでしょう。



遺灰を撒く際にも、遺骨をパウダー状にまでするというルールはありませんが、事情を知らない地元の方が形の残った遺骨を発見し警察に通報等という事態に発展しない為にも、パウダー化した方が良いでしょう。


散骨場所としてふさわしい場所で行われたかどうかも節度としては配慮する必要があります。
関係のない他人の敷地に無断で散骨を行えば民法による精神的損害や損害賠償請求の対象となることもあります。

Wikipediaを知るならこのサイトです。

法律的には未整備な部分も多い散骨ですから、業者にお願いして正しい方法で行う事と、周辺環境への配慮も含めた事前の入念な確認が必要です。